戯言。 暇つぶしにいかが?    by海月


by m-senju
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こんな金払えるかっ

最近また不当請求メールってのが横行してるらしいやん。一時期めいいっぱい送ってきて飽きたのかなーっと思ってたら・・・・・懲りん奴らだ(笑)。

うちにも以前何通かこの不当請求メールってのが来たことある。もちろん無視!あんなん相手にしてらんねーだろってことで。やけど封書&ハガキでも来だしてなー。最初は同じように無視してたんやけどフッとあることに気付いてからはそれも辞めたん。何に気付いたって、送って来た所の電話番号が一緒ってのがあったんやわ。もちろん、会社名(というのか?)は別名。抜けてるというかなんと言うか・・・・(苦笑)。こうなったらとことん相手してやろうじゃーん♪なんてムクムクと遊び心が湧き上がってきたうちはその電話番号にかけてみた。(←無茶すんなって)。そん時の会話、思い出せる範囲で書いてみよー。

「もしもし」
「はい、●×債権回収です」
「あー、最近そちらから何通も督促状が来てるんやけどどないなってんです?」
「・・・・・ああ、▲▲さんですか」
「(ん?名前言ってへんのになんで知ってんのや?)・・・・・そうですけど」
「困るんですよねー、さっさと払ってもらわないと」
「・・・・・・・なんでうちがお宅に払わんとあかんのです?」
「委託されてるんですよ、あなたが滞納しすぎてるからでしょ」
「(ちょっとカチーン)」
「で、いつ払うの?」
「(ますますカチーン)・・・・・ちょっと待ちぃな」
「あ?」
「使ってもないもんをなんであんたんとこに払わなあかんねん」
「・・・・・使ったからこうして請求してんだろーが(いきなり態度豹変/笑)」
「ほー、そしたらうちがこのサイト使ったって言う証拠があんのんやろね、無いなんて言わんといてや」
「それはあんたが知らんでもいいことだろうが。あんたが払えばええ事なんや」
(この辺りで相手の言葉に関西弁のイントネーションが加わる)
「うちが納得すればなんぼでも払ったるわ、こんなハガキやなくてきちんとした書類一式揃えて請求しなおしてや」
「グダグダ御託並べんと書かれた金額振り込んだらええんやが!」
「いややね。大体おたくんとこ認可されてへんやろ、偽もんやないの」
「払わんのやったらこっちにも考えっちゅうのがあるんやど、わかっとんのか」
「オー、脅しですか(笑)。どんな考えがあるっちゅうんか聞かせてや」
「今すぐおまえんとこ行って家ん中滅茶苦茶にしてもええんやな」
「どーぞどーぞ(笑)。なんぼでも来たらええがな、ほんまに来れるんやったらなー」
「おまえだけやなくて家族もどうなるか知らんぞ、ええんやな」
「かまへんよ、やってみぃや。そんなコケ嚇しでビビるうちやないわ」
「そんなに強がってられるんも今のうちだけやぞ、今から行くからな!」
「お待ちしてますぅ(笑)。・・・・・あ、そうや」
「・・・・・・なんや、払う気になったんか」
「誰が(笑)。うちが聞きたいんはどこの組のもん使うんかってことやがね」
「・・・・・あぁ?」
「この電話番号からしたらうちの地元やあらへんもんね、今から来るんで連絡とるんやったらこっちの組の人らやろ、どこの組使うんか教えといてや」
「そんなんおまえの知った事やないが!」
「そやけどねー、うちに来た人らが後でえらい目におうたら可哀想やし?どこのもんかわかっとったらこっちも庇いようがあるやん」
「・・・・・・」
「組のもん使わずにあんたの知り合いが来たとしても後々面倒にならんようにしたげんとあかんやろ、その人が警察行ってあんたんとこまで足が付いたらヤバいやろうしぃ」
「・・・・・」
「もしもし、話し聞いとる?」
「・・・・それはこっちを脅してるんか」
「違うがなー、忠告、嚇しやのうて忠告。たかが詐欺紛いのことで組同士のいざこざに発展したらあんたどないするつもりなんかなーと思って忠告しといてあげてるんやん」
「おまえの繋がりのある組ってどこや」
「そんなんなんであんたに言わんとあかんの、あんたが直接手を出すわけやあらへんのやし。それにしてもあんたも間抜けやよねー、ランダムに選んだんやろうけどうちんとこに送るなんてヘタ売ってもうて(笑)」
「でまかせ言うてもわかるんやぞ」
「あー、そう思うんや、ええよ、でまかせや思うとっても。一応このはがきのコピーうちの人に渡してるし。ウソやと思うてるんやったら実行したらええわ」
「・・・・・・・・・」
「あんたこそ首洗って待っとった方がええんとちゃう?」
「・・・・・(ガチャッ)」
(いきなり電話が切られました)


ンフフー♪勝っちゃいました♪(笑)。いやー、口からデマカセ言ってみるもんだねー(笑)。お水時代に知り合ったある人から聞いた方法やってんけどこうも上手くいくとは思わんかったよ。そやけどこれを知り合いの刑事に言うたら「おまえ危ない橋渡りすぎ!」とごっつう怒られてもうた(爆)。確かに下手するとヤバかったかなーと反省したけどね。良い子の皆さんは決して真似をしないように(笑)。

実際、この手の請求はランダムに選んで送ってきてるだけやから払う必要ないし、もし脅されたら警察に被害届出せばええんよ。メールのコピーとハガキ自体を持ってね。絶対に払ったらあかん、家に来るって言うても100%ってくらい来るわけないんやから。こんなアホな詐欺に引っかかって金払うんなんてお間抜けもええところやで。
[PR]
by m-senju | 2004-02-28 06:22 | 徒然記